研究室の概要

動きをデザインするための新理論の構築

科学技術の発展には,それを支える制御技術の発達が必要不可欠です. 現在の科学技術には目を見張るものがありますが,大規模化,ネットワーク化などによって生じる問題や量子情報処理技術などには,現在の制御技術では解決できない課題が多々あります. このような課題に取り組むため,本研究室では,問題の数理モデリング・動特性の解析・制御系設計のための理論構築とその応用に関する研究を行っています.

新着情報

お知らせ

  • 【本研究室で修士課程または博士課程への進学を少しでも考えている学生のみなさんへ】
    今年度の入試説明会の実施および実施形態については,専攻ホームページをご確認ください.研究室見学をご希望の場合,Zoomを用いたオンラインでの質問対応,および希望に応じて研究室学生とのQ&Aの場を設けます.詳細については別途連絡いたしますので,教員3人宛にメールしてください.
  • 応用数理モデル分野(連携ユニット)と共同運営しています.(配属された学生は当研究室の研究会・ゼミなどの活動に参加します)