京都大学大学院 情報学研究科 数理工学専攻                
応用数理モデル分野(連携ユニット)


■連携ユニットについて

 産業界における様々な情報システムの
数理モデルとその最適化、制御に関する
応用的な研究、教育を行うことを目的に
2003年度から(株)日立製作所 システム
開発研究所(現 横浜研究所)との連携ユニット
が数理工学専攻に設置されました。
 
■研究室スタッフ

 太田 快人 教授
  永持 仁   教授
  山本 彰   連携教授  (日立製作所)

  佐藤 達広  連携准教授 (日立製作所)

■問合せ先
  ● 太田 快人
   
      永持 仁
     
  ●  山本 彰
 

     佐藤  達広
 

    (株)日立製作所 横浜研究所
    〒244-0817 横浜市戸塚区吉田町292

■研究テーマ

 社会や生活の場で、効果を十分に発揮
する情報システムを設計するため
ITシステム分野のモデリング、社会基盤分野のモデリングなど、様々なモデル作りの方法論を 産業界の実例で研究しています。

参考:関連ページ

l  日立スマートシティ

l  日立の考えるスマートシティに関するホワイトペーパー


  京都大学情報学研究科数理工学専攻    Last Updated :  6 April 2016